ペニスビンビンに効果がある続けやすい運動

 

 

ジムに通うのは忙しくて厳しい、ジムの月謝も家計は火の車のため厳しい。自分の家でトレーニングや運動も考えたけど部屋は狭いし、マンションだし騒音で苦情がきそうで続けられなそう・・・

 

ペニスビンビンになるために運動やトレーニングをすると決めても、続かなければ意味がありません。例えば、ペニスにも良いと言われるスクワット、やってみるとこりゃまたキツイ。あなたは続ける根性ありますかね?

 

ココのページではスクワットのようなきつくて続けにくい運動ではなく、続けやすくてチンコもビンビンになる方法を伝授します。
 

 

 

ずばり、それはウォーキングがおすすめです。まず、ウォーキングは辛くない。体力的に自信が無い人でも問題ないということ。しかもタダでできる。好きな時間にできる。すぐにはじめられる。場所や時間は関係ない。例えば昼休みや、通勤通学の時間でもできる。

 

このように、ウォーキングはメリットだらけなんですね。また、スクワットよりもつらくなくて続けやすい理由のほかに、精力が強くなるポイントがスクワットにないところもたくさんあるということもウォーキングの魅力ですね。それは血流が良くなること。

 

次に規則的な動きによって自律神経が強くなること。交感神経を抑えて、勃起に必要な副交感神経が働くこと。テストステロンの役割を高めることなど、色々とメリットがあります。

 

ひとつひとつ詳しく説明していきますね。

 

■血行が増える
ウォーキングはまず、ふくらはぎの筋肉をたくさん、負担が少なく使います。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるくらい、血液を体に送る力が強いのです。

 

このポンプ作用によってペニスはビンビンになりやすくなります。ペニスは血液が流れ込むことで勃起が起こります。身体の血行というのは精力を強くするのにとても大事な要素なんですね。

 

■リズム運動
ウォーキングは足を規則的に動かしますよね。このようなリズム運動は呼吸が深くなることが特徴です。それによって副交感神経がたくさん使われることによって、呼吸が深くなるんですね。

 

勃起は副交感神経によって引き起こされるので、副交感神経が強くなれば、ペニスもビンビンになりやすくなるんですね。また、副交感神経が強くなるとよく眠れるようになります。

 

つまり、睡眠の質が良くなるのですよ。そうすると男性ホルモンや成長ホルモンがどんどん分泌されるので、ウォーキングは精力を強くするのに効果的なんですよ。

 

また、勃起不全は生活習慣病の前兆とも言われます。ペニスの動脈は人体のなかで一番細い血管ですからね。すぐに影響がでやすいんですよ。勃起不全は命にかかわるといっても過言ではないのです。つまり、ペニスをビンビンに精力を強くするのは自分の命にもかかわることなんです。

 

逆に、運動が不足になっていたりするとペニスはどうなっていくのでしょうか。逆に考えてみましょうね。いままで述べてきたことと逆なので、男性ホルモンが減り、血流が低くなるという状況に落ちますね。

 

こうなると肥満、身体の代謝が落ちて太ってきます。太れば、脂肪に血液がいってしまうので、ペニスもビンビンになりにくくなってしまいます。悪循環ですね・・・

 

また、ペニスにとっての運動の大切さは厚生労働省も発表しています。運動教室を開いたあと男性のテストステロンの数値を調べたら、かなり増加していたのです。運動の効果は厚生労働省もこのように正式に発表しているのです。

 

実際にここまで、ペニスをビンビンにするための運動の大切さと、手軽にできる運動としてウォーキングの説明をしてきました。

 

ここからはもっとペニスをビンビンにできる、つまりもっと血流と男性ホルモンを増やす方法をお伝えします。

 

 

それは、スクワットや腹筋背筋、ベンチプレス、腕立て伏せなどの本格的な筋肉トレーニングです。辛いですが、確かにペニスに効果的なので、できる人は頑張って行ってください。

 

しかし、あまりハードにやらないように気を付けてください。ハードにやりすぎると体を老化させてしまう活性酸素が体の中に大量に発生して、男性ホルモンが減ったり、血流が悪くなったりしてしまいます。

 

また、筋肉トレーニングだけではなく、全身運動としてのランニングも効果的ですよ。一週間に2時間以上やると、勃起不全のリスクが3割減ったという研究文献もあります。

 

つまり、これだけ血流が良くなって、テストステロンも増えたということなんですね。ウォーキングでも良いですが、余裕のある人はどんどん走るようにしてください。

 

このように、精力を強くする、ペニスをビンビンにするのに体を動かすことは大切です。全身運動、筋トレをバランスよく行ってくださいね。
 

 

 

しかし、そのなかでも行ってはいけない、精力減退させるような運動やトレーニングもあるのです。それはバイク運動と、長いランニング、つまりマラソンですね。

 

バイク運動を行うとペニスの根元が圧迫されて、ペニスとタマタマの血流が少なくなってしまうんだ。だから、精力を強くするのにとっても良くない。

 

特にレース方の自転車はサドルがとても小さくなっているよね。これだと特に血流が悪くなってしまうから要注意してください。自転車はあまり乗らずに、乗るときはサドルを大きめにしときましょうね。

 

2つ目は長時間のマラソンです。フルマラソンをやると体に負担がかかりすぎて活性酸素が大量に発生して、身体が傷つきまくって男性ホルモンは減るし、血流は減るしで最悪の結果を招いてしまいます。

 

ペニスをビンビンに、精力を回復にするためには、適度な運動を心がけるようにしてくださいね。

ペニスビンビンに効果がある続けやすい運動 関連ページ

ペニスのためには睡眠の「質」が大事
睡眠の質を高めてペニスをビンビンにしましょう

HOME プロフィール お問い合わせ