睡眠の質を高めてペニスをビンビンにしましょう

 

ペニスシナシナ精力減退の悩みがある人のなかで「最近寝つきがあまり良くない」「夜中に何回もめが覚めてしまう」という人がいると思います。 これらを解消されればいまよりももっと強いペニス、むらむらくる精力が待っています。眠れない、眠れても熟睡できなければ体は休まりません。 そして段々と精神と肉体を弱らせてしまいます。精神と肉体の機能が悪くなればペニスの機能も悪くなるのも当然のことです。なので、よく眠れるように睡眠の質をあげることが大切になってきます。   ここのページでは睡眠とペニス・精力・性欲の関係について述べていきたいと思います。体も疲れているし眠たいのになぜか寝ることができない・・・このような状態が睡眠障害です。 どうにかして眠ろうとしても、寝ることができないことが多くあります。 このような状態はとても辛いですよね。 眠れない毎日=ペニスシナシナ精力減退の日々とも言えます。そうすると男性ホルモンの作られる量が少なくなります。そして、全身の血液の流れが悪くなります。このような流れで勃起不全や精力減退が起きてしまうのです。    

 

■睡眠障害の特徴 それではペニスをシナシナにさせる眠れない状態である睡眠障害をタイプ別に分けていきたいと思います。 ・布団に入ってもすぐに寝れない なかなか寝付けない、寝つきが悪いという人は体の中にある交感神経、副交感神経の切り替えがうまくいっていないからだと考えることができます。 眠るときに大切なのは副交感神経で日中は交感神経が高ぶって人間の身体を動かしています。この神経の切り替えがうまくいかないとずっと興奮状態がつづいて布団にはいっても眠れなくなってしまいます。・寝れたと思っても寝てる途中でなんども目をさます布団に入って寝れたはいいものの、なんどなんども目が覚めてしまう。 このような状態は体内の胃や腸などの消化に関わる内臓たちが弱まってしまうことから起きると考えられています。 ・朝起きても「寝た」感じがまったくない せっかく寝れたとしても朝まったく起きることができない、いくら寝てもすっきりしないという人は先ほど述べたのと同様に、体内の消化器官が疲労しきっている可能性が高いです。 寝る前にたくさん食べたり、ごはんを食べすぎてはいないでしょうか??こうなると胃腸が乱れて周辺の勃起や性欲にかかわる内臓たちも連結して疲れてしまって機能が落ち、勃起が弱まり、精力が落ちてしまうのです。   ・たくさん寝てもまったく疲労が回復していない このような状況に陥っている人はたくさんいると思います。 このような睡眠障害が勃起不全の原因になり、ペニスシナシナ精力減退を招くのです。寝ても寝てもまったく疲労が回復しないのは、眠りが浅い、つまり熟睡できていないからだと考えるのが自然です。熟睡できない原因は年齢が高くなってきた、夜寝る時間が遅いなどいろいろなことが原因だと考えられます。 特に寝る時間が夜明け近かったり、すると体内時計のリズムが悪くなって睡眠の質が悪くなってしまいます。ここまでは睡眠障害をタイプ別にわけてそれぞれの特徴や原因を述べてきました。 いまからはそのタイプに基づいて具体的のどのようにしてそれらを克服していくかを考えていきます。

 

・布団に入ってもすぐに寝れないときの解決方法 すぐに寝れない場合は、まず体を休められる、精神を落ち着かせることができる食事をすることが大切です。食材を良いものにすることが大切になってきます。 まず、ランチは動物性の油ではなく魚の脂、食物繊維の多い野菜などを使用した食事をとるようにしてください。夕食は野菜を中心とした熱々のスープで体をポカポカにしましょう。おでんでも可です。就寝前には白湯や、レンジでチンしたホットミルクなどを飲んでみてください。 これらの温め効果で心からリラックスできる状態を作っていきましょう。 ・寝れたと思っても寝てる途中でなんども目を覚ましてしまうときの対処方法 消化管を良い状態保つことが夜中に目を覚まさないようにするコツです。 そのため、夕飯を食べるときには刺激が強い辛い物などはまず控えるようにしてください。中本のラーメンなどもってのほかです。キムチ鍋なども健康に良さそうですがNGです。 そしてお酒もダメです。深酒はもちろんNG。また、エナジードリンク、コーヒーなども絶対に寝る前に飲んではいけません。これらは脳を興奮させるカフェインが大量に含まれているので、寝れなくなってしまいます。 ・朝起きても「寝た」感じがまったくないときの対処法 この寝てもすっきりした感じがないのも胃腸などの消化器系の疲労が原因と考えられます。まず、夜食べすぎないことが大切です。そして、深夜に食事をしないようにすることも大事です。 寝る時には体を休めるのではなく、内臓を休めるという感覚を持ってください。また、胃腸を大きく働かせて胃腸を疲らせる、脂っこい食事、糖分が多い食事、お酒を控えるようにしましょう。お菓子や、揚げ物、ラーメンなどはなるべく食べないようにしてください。 ・たくさん寝てもまったく疲労が回復しないことへの対処方法 これは熟睡できていないことが大切なので、熟睡できる体づくりをすることが大切になってきます。まず、熟睡するには深夜に寝ないで夜12時まえには寝ることを心がけてください。 夕方ごろに夕飯をすませて10時には睡眠の体制を整えておくようにしてください。そして、夜ご飯をヘビーにしないことも大切です。   一週間の半分くらいは夕食をホットミルク、野菜ジュースなどだけにしてみてください。 どうしたでしょうか?夜眠れにくい人は睡眠障害でこれらが勃起不全や精力減退を引き起こしています。ペニスビンビンに精力増強にして勃起を強くしたい人は、述べてきた特徴を試して睡眠の質を高めるようにしてくださいね。

睡眠の質を高めてペニスをビンビンにしましょう 関連ページ

ペニスビンビンに効果がある続けやすい運動
ペニスのためには睡眠の「質」が大事

HOME プロフィール お問い合わせ