EDを治す習慣作り

 

 

ペニスビンビン精力増強を目指す人で、奥さんがいる人もいると思います。そして、その奥さんがどのように自分のことを思っているか気になる人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

ギンギンに勃起したペニスで奥さんをヒイヒイ言わせたい男子も多いと思います。しかし、ペニスなえなえ精力減退の人は奥さんに正直、ださい・かっこわるい・頼れないと思われている可能性がとても高いですよ。

 

ED、勃起不全の原因はほとんどその人の生活習慣が悪いことによって生じています。勃起不全は放置しておくと時間の経過とともにどんどん悪くなっていきます。

 

そこでまずはEDを引き起こしてしまう、つまりペニスシナシナ精力減退にしてしまう食生活を列挙していきます。まずは原因を知って、奥さんを喜ばせる精力をつけるようにしましょう。

 

また、このページを女性が見ていて、旦那の粗チンに満足を行ってない女性もこのページを見て勉強していきましょう。生活習慣を変えれば旦那のペニスもギンギンになるはずです。

 

1. 食べすぎについて
食べすぎはとても精力を減退にします。食べれば食べるほどペニスギンギンから遠ざかるでしょう。それではなぜ、食べすぎると勃起不全を引き起こすのでしょうか?それは食べすぎると体に大きな負担がかかってテストステロンの分泌量が少なくなるからです。

 

テストステロンは勃起を引き起こすし、性欲を作るのでペニスギンギン精力増強にはかかせない物質です。テストステロンの分泌のピークは20代です。だから、食べすぎても勃起不全にならなかったのです。若いころはカップ麺二つ食べてコンビニ弁当食べてしめに、ポテチを食べても代謝が良いので太りません。しかし、年齢とともに代謝がおちて太りやすくなります。

 

ついた脂肪は女性ホルモンをだすので、男性ホルモンを減らします。このようにして男性ホルモンが減っていくのです。だから、食べすぎないようにして体脂肪を減らすことが勃起ギンギンペニスビンビン精力ドバドバの秘訣なのです。目安として食事量を腹八分目にするようにしてください。

 

そして、なるべく炭水化物を減らしてください。そして野菜果物豆を中心に食べて肉よりも魚をたべるようにしましょう。厚生労働省もこのような、野菜果物豆肉野菜などの副菜を食べるようにすすめています。

 

これらはビタミン・ミネラル・たんぱく質などペニスの勃起に必要な物質をたくさん含んでいるのです。

 

2. アルコールについて
アルコールも取り扱い方によって、テストステロンを少なくしてしまいます。本当に適量で寝る前に飲むなら問題ありません。ペニスシナシナ精力減退を引き起こすのは寝る前の飲酒、そして飲みすぎ、つまり深酒ですね。

 

これによってテストステロンを少なくしてしまいます。テストステロンは寝るときにたくさん分泌されます。なので、睡眠の質が悪かったり眠りが浅かったりする男性ホルモンは減ってしまいます。アルコールは交感神経を興奮させるので、テストステロンを作る副交感神経を強めることができないのです。

 

だから、飲みすぎないで寝る前に飲まないようにしましょう。そして、飲むお酒の種類も要注意です。ビールはホップという麦から作られます。これには女性ホルモンが入っていて、テストステロンの役割を打ち消してしまいます。ビールを飲むなら、ハイボールなどの蒸留酒や活性酸素を発生しない赤ワインなどを飲むようにしましょう。

 

アルコールは寝る前ではなく、寝る三時間前に、そしてお酒の強さは人それぞれなので、いつもほろ酔い程度のお酒にしておきましょう。

 

3. 運動をしてEDをやっつける
ペニスビンビン精力増強を目指すには運動も大切です。筋肉を刺激すると筋肉からテストステロンが大量に分泌されるからです。また、脂肪が消えることで女性ホルモンがなくなるので、その分だけテストステロンも増えます。

 

また、運動するとよく眠れるようになります。副交感神経が活発に動くことによってテストステロンが増えます。運動で男性ホルモンが増えることは東京大学や九州大学の医学部の研究でもわかっています。
運動の中でおすすめなのは軽いスクワットとウォーキングです。

 

特にウォーキングは足腰に負担をかけにくいのでおすすめです。1つの1駅分歩いてみたり、エスカレータやエレベータを使わないようにするなど、なるべく足腰に負担をかけるようにしてきましょう。

 

4. 睡眠をよくとる
ちゃんとした睡眠をとれていないとテストステロンが多く分泌されません。大事なのは時間ではなく、質が良いかです。

 

質の良い睡眠をとるためには、まず食べたり飲んだりするのは寝る2時間前にすべて終わらしておきましょう。そして、寝る前のスマホやPCは厳禁です。ブルーライトが体を興奮させて眠りの質を悪くします。

 

5. 栄養バランスのよい食事をとる
ペニスギンギン精力増強をするためには、バランスのとれた食事が必須です。

 

炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質、たんぱく質などの多種類の豊富な栄養がバランスよく絡み合うことでペニスは元気になっていくのです。カップ麺やコンビニ弁当ばかり食べていたらテストステロンが体内でうまく作られません。

 

6. 必ず禁煙をする
タバコは百害あって一利なしです。なんと勃起不全を引き起こしている人の八割が喫煙者です。タバコを吸うと血管の内側からでる一酸化窒素がものすごく減ります。それほどタバコから作られる活性酸素は健康に悪いのです。

 

7. ストレスを減らす
ストレスがたくさんあると交感神経が過多になって副交感神経が働きにくくなります。特にマイナス思考には要注意です。ストレスをより自分にかけるのでその分ペニスシナシナ精力減退してしまいます。
 
このように、ペニスビンビン精力増強を目指すために必要な7つの習慣を説明してきます。

 

食べすぎないこと、お酒は適量にして飲みすぎないこと、適度な運動をすること、睡眠の質を良くすること、栄養バランスの良い食事をとること、タバコを絶対にやめること、マイナス思考にならないこと。

 

この7つの習慣を継続して行うことでペニスを元気にしていきましょう。


HOME プロフィール お問い合わせ