精力と性欲の起源を探る

 

 

中年サラリーマンなど職種に関係なく、中年になるとだんだん性欲や精力が落ちてきてあせったり、寂しい思いをしたりします。性欲やペニスは男の象徴。それを無くしては男がすたると、多くの人は悩みます。人によって多くの人がコンプレックスになります。

 

そこで、精力とは何か?性欲とはなにか?これらはどのようなメカニズムでどのようにして起こるのかをこの記事では詳しく検証していきたいと思います。

 

 

■性欲・精力とは何か
まず、精力・精力とは何かについて説明していきます。

 

 

 

まず、精力や性欲は脳が感じます。そして、脳がその興奮をペニスや精巣をはじめとした体全体にその信号を送ります。

 

そして精巣や腎臓、せき髄などが勃起に大きくかかわっている男性ホルモンなどを作らせます。

 

そしてこの男性ホルモンが再び脳や精巣を刺激することで性欲・精力がより高まっていきます。そしてまた男性ホルモンが増えていきます。このよなうな流れでペニスビンビン精力増強になっていくのです。

 

実際にこのような性欲や精力は自分のムラムラ感じや勃起の度合いで判断するしかなく、なかなか自分ではわかりずらいです。

 

次に具体的に脳をはじめとした内臓がどのようにして動いているのかをみていきましょう。

 

女性らしい体を見たときや、くびれ、おっぱい、大きいお尻やきれいな髪の毛、まあAVなどを見たときにこれを感じるのは脳です。そしてこの脳が体にムラムラ感じろ、興奮しろなどと命令を出します。特にこれは大脳が関わっています。大脳が私たちの精力の元、性欲の元、つまりペニスをビンビンにするカギとなっている内臓だと言えます。

 

そして、大脳は古いところと新しいところにわかれます。これを大脳旧皮質、大脳新皮質と呼ばれます。

 

だいのう旧皮質は野生定期な側面です。眠い、食べたいと思うのも旧皮質です。かなり生物的で野性的な部分を担うところが大脳旧皮質と言えるでしょう。

 

次に大脳新皮質。ここは人間らしいところを作る内臓と言ってもよいでそう。ここが発達しているから他の動物と違って人間は頭が良くてモノを作れたり、感情がたくさんあったり、たくさんの言語で会話ができるのです。

 

そして次に脳幹も大事です。これらはこれら大脳で作られた性欲や芹欲の情報を統合して、精巣やペニスなどに情報をとどこおりなく伝えるための大変重要な臓器です。また、脳幹はこのような統合力、制御力、つまりコントロール力によって勃起や精力に大切な男性ホルモンの分泌までも担っています。

 

ここまでは、脳を中心として内臓がどのようにして精力や性欲を作るか。つまり、精力や性欲が作られるメカニズムについて説明してきました。次には男性ホルモンについて詳しく述べて生きたいと思います。

 

■精力増強、ペニスビンビンにとても重要な男性ホルモン

 

 

 

男性ホルモンは脳や精巣などが作りますが、とても強力な作用があります。精巣や脳、腎臓で作られた男性ホルモンはペニスをビンビンにして、精力を増強させます。

 

だからこそ、この男性ホルモンを減らしてはいけません。これが減ることでペニスシナシナ精力減退になっていくのです

 

このホルモンが加齢、悪い生活習慣、ストレスなどで減っていきます。なのでこれらをなるべく感じないように生活を良くして、良く寝て、よく運動して、栄養バランスの良い食事を心がけなくてはいけません。そして、なるべく上手にストレスを解消していくのが大切です。

 

しかし、このようなことはあたりまえです。男性ホルモンが減ることでどのようにして男性ホルモンが減っていくのかをもう少しくわしく説明していきたいと思います。
精力を強くする、つくること自体に大きくかかわっているのが男性ホルモンです、脳や腎臓、精巣がこれらをどんどん増やすことでペニスはビンビンに精力はどんどん強くなっていきます。だから、体の中の男性ホルモンが減ってしまうとペニスは萎え、精力は減退してしまうのです。

 

男性ホルモンは先ほど述べたように多くの原因がからみあって減っていきます。ちなみに男性ホルモンが女性と同じくらいになると勃起・精力・性欲だけでなく、やるきがでない、集中力がない、何に対しても投げやりになる、ストレスがたまりやすくなるなど体に大きな不調がでてきてしまいます。だから、男性ホルモンを減らすことはおすすめできないのです。

 

ここからは具体的にどのようにすれば男性ホルモンの量をコントロールできるかを説明していきたいと思います。

 

精力の性欲の起源は脳です。視覚、聴覚、触覚などあらゆる感覚が脳に伝えられることで精力や性欲が生まれます。そしてその感覚情報を脳が処理して体全体に伝えられることで男性ホルモンがつくられ、それがまた脳や精巣を強くしていきます。

 

しかし、多くのストレスを抱えていたり、常に緊張状態が強いられているとこの脳の働きが弱まってしまい、男性ホルモンが減ってしまいます。

 

そこで、精神的ストレスをためない、緊張しない、マンネリ化させないことが重要になってきます。

 

例えばマンネリ化は結婚している人や長く付き合っているカップルなどに多いですよね。これはなぜ起きるのか?脳がうけとる刺激が弱くなっているからです。これは脳の純化とよばれ正式な医学で証明されていることです。

 

いつも脳への刺激が強いと脳が弱ってしまうから起こります。マンネリ化も大事ですが、マンネリ化しすぎも良くないので、適度にマンネリ化せずにパートナーがいる人はコスプレやおもちゃを試してみたり、風俗などにいってくることをおすすめします。そうすれば男性ホルモンも増えるでしょう。

 


HOME プロフィール お問い合わせ