ペニスをビンビンにする食事

 

 

 

どうもこんにちは、いくら精力を若いころに戻そうと思っても食事を変えるのは辛いし、とっても面倒ですよね。 奥さんがいる人などは、「精力をつけたいんだけど、精力がつく食べ物を作ってよ」なんて恥ずかしいし、頼みにくいし、もしかしたら奥さんの機嫌を損ねてしまうかもしれません。

 

精力が回復したり、精力がついたりする食材は多いですが、毎日それを料理にして飽きないようにして食べるのってとても手間がかかりますよね。

 

特に奥さんにクッキングしてもらう場合なんかは気を使いますよね。 それに、いくらこだわって料理を作っても、食事バランスがとれていないと太りやすくなってしまうし、テストステロンが減ってしまいます。テストステロンが減少することは、精力が衰える大きな原因になってしまいます。

 

テストステロンはペニスをビンビンにするにはとても大事な男性ホルモンなので、栄養や食事にはかなり気を配る必要があります。 それでは、精力を回復させる食事とはなんでしょうか。

 

それは栄養バランスが整っている食事のことを言います。ビタミン・ミネラル・三大栄養素などと言いますが、実際に大事なのは主菜・副菜の2つの菜に、1つの食、主食であります。

 

主催は卵・肉・魚などです。副菜はサラダ・大根おろし・とろろなどつまり野菜や海藻など食物繊維が多いものです。 これらがそろっているのがバランスの良い食事、つまりペニスをビンビンにする食事なんですね。

 

逆に栄養バランスが良くない食事を考えてみましょう。ペニスを萎えさせる食事のことですね。例を挙げてみます。朝は菓子パン、昼は丼物かカップ麺、夜はビールに揚げ物など基本、茶色いものばかりですね。

 

このような食事をしていたら精力回復どころではありません。生活習慣病になってしまいますよ。 しかし、先ほど述べた栄養バランスが良い食事は自分で作るのも面倒だし、時間がかかるし、結婚している男性なら妻にも頼みにくい、面倒くさがれると八方ふさがりです。

 

そこで工夫して、自分でも簡単に作れる、奥さんも嫌な顔して用意してくれる精力回復食材を考えていこうではありませんか。 それはずばり、外食です。現在では大戸屋ややよい軒など、定食屋さんがどこにでもあります。ここで魚などの和定食を頼むようにしましょう。実は牛丼屋でもOKです。

 

そこにサラダやとろろなどのトッピングをしていきましょう。 でもこれは外食です。先ほどのテーマは自分でも簡単に作れる、奥さんも嫌な顔をしないという食材です。それではそのような食材を考えていきましょう。 まずは納豆がおすすめです。

 

質が良い、精子の原料ともなるアミノ酸がたくさん含まれています。また、血液をサラサラにするナットウキナーゼも持っています。これはかき混ぜてねばつかせるほど増やしていきます。 次に、お酢ですね。お酢のなかでもきちんと発酵された黒酢はアミノ酸がたくさん含まれていますよ。

 

ネット上でも実際に、血液の状態がよくなったという口コミがとても多いですね。いろいろなものに少しでもいいからかけるようにしましょうね。 野菜類ももちろん大事です。食物繊維・ビタミン・ミネラル、言わずもがなとても豊富に含まれています。

 

管理人はノンオイルドレッシングでバリボリと馬のように食べております。 野菜類のなかでもタマネギやにんにくは特におすすめですよ。男性ホルモンを増やす作用があるからです。しかも、あの独特の味はたまりませんよね。 これらの食品は特別料理したり味付けしたりしなくても、切ったり、かけるだけでしかも美味しく食べれるからおすすめですね。

 

次に朝昼夜の食事で気を付けたいことを説明していきます。 朝は、家族が登校、通勤の準備でバタバタですよね。簡易的にすましたい朝食に少しだけて手間を加えるだけでも、精力が回復します。それは食パン一枚ですませるなら、目玉焼きやサラダを、白米一杯だったら干物の魚や納豆などを。主菜・副菜を充実させましょう。

 

昼は、コンビニ弁当単体ですませるのではなく、サラダやお漬物、みそ汁や野菜が中心とした具沢山の味噌汁などを追加しましょう。 夕食でも朝食・昼食と同じように主菜と副菜を追加することは言うまでもありません。特に気を付けることは食べすぎないこと、とアルコールです。

 

 

食べすぎては太ります。太ってはテストステロンも減ります。また、アルコールも男性ホルモンを減らすからです。特にビールに含まれるホップは男性ホルモンを減らしてしまいます。ビールを飲むなら赤ワインや焼酎を飲むようにしてください。赤ワインはポリフェノールが入っているので、科体を酸化しにくいです。つまり、ペニスを大きくしやすくします。

 

また、焼酎は糖質がゼロなので太りにくいです。 ここで、酸化とはなんでしょうか。酸化は活性酸素という物質が起こすものです。つまり、身体を傷つけて老化させたり、勃起に肝心なペニスの海綿体に血液を送る一酸化窒素を減らしてしまいます。 食事の栄養バランスが乱れているとテストステロン、男性ホルモンは減ってしまうのです。テストステロンは二十歳から、少しずつ減っていきます。

 

だから、太りやすくなったり、たくさん食べたりするとお腹に肉がつきやすくなります。男性ホルモンが減ってしまう理由にバランスの悪い食事があるんですね。 男性ホルモンは、性欲を作ったり、勃起さえたり、セックスの一部始終にかかわるとても重要な物質です。

 

精力減退は男性ホルモンが大きな原因です。 ペニスをビンビンにさせるためには男性ホルモンを増やすことが大事。それでは男性ホルモンを増やしやすい食材を紹介します。購入しやすく、加工しやすいものをチョイスしました。

 

 

 

タマネギをはじめとしたネギ類、ニンニク、ショウガ、卵、魚類(特に青魚)、大根、キャベツです。特にこの中でもタマネギは血液をサラサラに、男性ホルモンを増やす作用がつよいので特におすすめの食材です。 逆に、ペニスを萎えさせる、精力を減退させる、男性ホルモンを減らす食材はなんでしょうか?それはケーキやお菓子などに含まれるショ糖ですね。

 

また、スーパーの揚げ物などに含まれるトランス脂肪酸などです。これらはなるべくとらないようにしてください。糖質は、男性ホルモンをへらしてしまいます。 また、食事以外にも身体をあたためることもテストステロンを増やすことが大切です。キンキンに氷のように冷えたお酒やジュースばかり飲まないようにしましょう。

 

常温の水がおすすめです。 さらに、男性ホルモンの元になるのはコレステロールとよばれる油です。コレステロールは悪いイメージがありますが、摂りすぎると良くないのです。

 

普通にバランス良い食生活を送っていればまず足りなくなることはありません。過度なダイエットをしている人は要注意です。野菜や果物オンリーの生活をしている人は肉や油もとるようにしてくだい。


HOME プロフィール お問い合わせ